求人project@eden-fp6

※当ブログの全記事は、https://www.coper.work/に移転致しました。各記事をクリック頂いた際の移転先URLでこれまでと同じ内容をお読み頂く事ができます。 引き続きのご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

その年収でだいじょうぶ?転職する際は年収交渉をして給料をあげよう!



このページでは転職時の年収交渉のタイミングや方法について解説していきます。まず前提として、転職時の年収交渉のタイミングや方法に絶対的な正解はなく、またエージェントや人事によって人それぞれ異なる意見を持っています。

その前提のうえで、どのような選択肢があるのか、また多くの人事が悪印象を持たないタイミングや方法はどれなのか、といったことを解説していきます。実際私自身転職や人事の経験があるので、迷った場合はぜひこのページの内容を参考にしてください。

 

年収の交渉ってしてもいいの?


そもそも年収交渉しても良いのかに関してですが、もちろんしても良いです。面接官側も年収交渉は行うものとして面接しているので、むしろ年収の話をしないと面接の意義が薄れます。

面接は年収の話を含めお互いの合意を測る場でもあるので、条件等はあらかじめ明確にする意識で面接に臨んでください。ただし、やみくもに年収の話を出すのはNGです。日本企業では特にお金の話はデリケートな問題で、前面に出し過ぎると「お金のことばかり考える人」という印象を持たれます。

もちろんみんなお金のために働いているのでお金のことを考えるのは当たり前なのですが、日本企業は企業に対する忠誠心や奉仕の精神を求める傾向にあります。つまり、時にはお金のことは二の次で、会社のために頑張る社員が好まれる傾向が今でもあるのです。

外資系企業は給与や待遇面の話を積極的に押し出しても問題ない傾向にあり、むしろきちんとアピールしないと低く見積もられてしまいます。日本企業でも年収交渉はOKですが、外資系企業よりはオブラートに包みつつ、タイミングを考えるようにしましょう。

タイミングについての詳細は後述します。

 

交渉前にするべき準備は?

年収の交渉を行うためには、その金額を提示する妥当性が必要です。つまり、なぜその給与額を条件として提示しているのか、という理由を面接官が納得するように説明する必要があるのです。

そして、この理由については人事やエージェントによっても考え方が異なります。たとえば、「子供が大学に行くためにお金が必要」「親の治療費にお金が掛かっている」といった個人的な事情を前面に出すべきとの意見もあります。

しかし、逆に上記の理由はあくまでも個人的な事情なので、企業にとって直接的にメリットにならない話は持ち出すべきではないという意見もあります。また、「企業の利益に直結するスキルを自分が有している」という点を給与アップの理由にすべきという意見もあれば、そこまで自己主張をすると厄介な存在と思われる、という意見もあります。

傾向としては、比較的古い体質の企業や年配者は個人的な事情を加味する傾向にあります。昔は個人の能力よりも協調性などが重視されていたので、共感によって収入が上がったりしていたようです。

逆にベンチャー企業や新しい風潮の企業では、個人の能力を重視する傾向にあります。企業に利益をもたらす人だからこそ高い給与を支払う、といった発想です。私はもともとエンジニアなのでIT業界出身ですが、IT業界ではスキルを重視する傾向にありました。

少なくとも、子供や親といった家庭でお金が掛かるという事情を話して給与アップする雰囲気ではありませんでした。以上を踏まえておすすめの方法は、年収の根拠として自身の能力を大前提としつつ、特殊な事情があれば少し話しておく、といった戦略が良いでしょう。

たとえば、「自分はこのようなシステム開発の経験がある、プロジェクトリーダーの経験がある。」といった経験を年収アップの主な理由としつつ、「新居購入したばかりでローンの支払いがあるから頑張りたい。」といった形でお金が必要だということを軽く示唆する形が良いのではないでしょうか。

もちろんこのやり方が絶対的な正解ではありませんが、納得感があるように思えます。さすがに「家のローンの支払いがあるから年収を上げてほしい」だと私情を持ち込みすぎで、会社からすればなぜそのために高い給与を支払わなければいけないのか納得できません。

かといって自分の能力ばかりアピールし過ぎると自己主張が強すぎる人物と思われる可能性があるので、能力をアピールしつつもお金が必要な理由を軽く補足しておけばバランスが良いのではないでしょうか。

こういった年収アップの理由はとっさに面接の場で思いつくものではないので、事前によく考えておく必要があります。入社してから「あのときこう言っておけばもっと年収が上がったかもしれないのに」では遅いので、年収交渉のチャンスを逃さないよう事前に話す内容をよく考えておくと良いでしょう。

 

年収の交渉のタイミングは?

年収交渉にはその金額を提示する理由が不可欠ということでしたが、次に年収交渉のタイミングについて解説します。

 

面接中に必ずやろう

年収交渉は面接中に行うのが基本です。たまに内定後に行うのが良いと言っている専門家がいるようですが、現代社会においては非常識です。昔はそういった後出しでもなんとなく条件が変わったりしたのかもしれませんが、現代では通用しません。

企業は面接時にあなたと話した条件を踏まえ、人件費やその他掛かってくるコストを精査したうえで内定を出しています。内定後に条件交渉してきたからといって内定取り消しすることは基本的にないですが、モラルに反するうえに入社前から自分の印象を落とすことになるので辞めた方が良いでしょう。

そして、可能であれば一次面接から年収についてはある程度話しておいた方が良いです。仮にその場で具体的な金額が決定しなくても、一次面接で言っておけば二次面接で具体的な金額が提示される可能性が高いです。

 

内定後の交渉は基本NG

上記の通り内定後の交渉は基本NGです。例外があるとすれば、面接時に内定後の交渉を約束していた場合でしょう。たとえば、面接時に基本的な給与額を決めておき、より詳細な額は現場担当者がスキルを見て決定する、といった条件でまとまる場合もあります。

ある意味インセンティブに近いのですが、そういった条件で契約した場合は後から給与交渉する可能性もあるでしょう。特に実力成果主義の企業ならこのように臨機応変に交渉する可能性はあります。

また、給与交渉システムをあえて導入することで、社員の自己アピール、プレゼンテーションスキルを磨いている企業もあります。このような企業は例外として、基本的な給与が固定されている企業では内定後の給与交渉はNGです。

 

交渉をするならメールはNG

年収の交渉をする際には、基本的に直接顔を見て交渉するようにしましょう。非常に重要な話なので、言いにくいからメールで済まそうという発想はNGです。また、同様に電話も避けた方が良いでしょう。

最初の面接の準備段階で、面接で給与交渉を行う前提で考えておいた方が良いです。

 

面接で交渉するときのポイントについて

次に、面接で交渉する際のポイントについて解説します。

 

話を切り出すタイミングは?

できれば一次面接の段階で年収の交渉をしておいた方が良いということでしたが、一次面接中であれば焦って年収の話を出す必要はありません。むしろ焦って年収の話を出すとお金のことしか考えていないと思われるので、印象が悪くなります。

最初は志望動機や自己PRや前職での経験等の話から面接が始まりますが、その段階ではまだ年収の話はしない方が良いです。焦って年収の話をすると印象が悪くなるだけでなく、そもそもスキルや経験の話をする前だと面接官も年収の判断をしにくいです。

履歴書を事前に出していればある程度把握はされているのですが、それでも直接応募者の話を聞いてから最終的な年収を判断します。一次面接では面接を受けた理由やスキルについてきちんとアピールし、そのうえで年収の話を切り出すことをおすすめします。

そうすることで、きちんと相手の立場に立って交渉するというビジネスの基本ができている人だという印象にもなります。面接の場においては自分自身が売り込む商品ですが、商品を売る際にその商品のスペックや魅力をアピールしない商売人はいません。

当たり前ですが消費者はその商品のスペックや魅力がわからない限り適正価格の判断ができず、そもそもいるものなのかどうかも判断できません。面接もそれと同じで、応募者のスキルや性格を判断できないうちは適正年収を判断できません。

またそもそもその人物を採用する価値があるのかどうかもわからない状態です。これがわかっていれば、いきなり年収の話をすることもないでしょうし、自ずと年収の話をするタイミングも見えてくるでしょう。

 

今の収入は額面で伝えよう

面接で収入を伝える際は額面で伝えるのが基本です。その理由は手取りだと交通費や税金、保険、といったものが引かれた状態なので、自社の給与と比較するのが難しくなります。額面がわかればそれを参考に給与を決定し、そこから自社規定に合わせて保険、税金、などを引いていくことができます。

会社が給与を決定する際には最初に総支給額を決定するので、手取りで伝えられると総支給額をいくらにすれば良いのかわからなくなります。企業は額面金額を決めたいので、転職希望者も額面金額で答える、ということです。

 

どのような態度で交渉するべきか

給与交渉の態度ですが、強気すぎるのも弱気すぎるのも基本的にはNGです。まず強気に主張する場合ですが、自信や積極性の魅力をアピールできる反面、会社からすると我が強すぎる使いにくい人物に見えます。

客観的なデータに基づいてきちんと能力をアピールすることは重要ですが、根拠のない自信は逆効果です。根拠のない自信に基づいて行動する人は会社でトラブルを起こす可能性が高いので、高めの年収を提示する際もきちんとした客観的に納得のいく理由を基に説明し、勢いだけで押すようなことは辞めましょう。

次に、弱気すぎるのもNGです。謙虚に見える反面、積極性や自発性に欠ける印象を持たれます。以上を踏まえもっともおすすめの態度は客観的な態度です。自分の市場価値を把握したうえで、それに見合った年収を希望するだけです。

市場価値以上に年収を吊り上げようとするのは暴挙で、だからといって希望年収を下げ過ぎる必要もありません。適正な年収を客観的な視点から提示するだけです。

 

エージェントを利用している場合は代行も可能


エージェントを利用している場合、最初のうちは「応募者→エージェント→企業」「企業→エージェント→応募者」という流れでエージェントを介して情報伝達が行われます。選考が進めば企業の担当者と直接やり取りすることになります。

もしも最初の段階から希望年収を伝えたい場合、エージェントを介して企業に伝えることも可能です。ただし、これはあくまでも最低限度や相場の設定になります。具体的な金額は面接で交渉することになります。

エージェントを介して希望年収を伝えておけば面接の際のやり取りがスムーズになるので、おすすめの方法ではあります。

 

終わりに

以上転職の際の年収交渉のタイミングや方法について紹介してきました。年収交渉のタイミングは一次面接の際かその前のエージェントとのやり取りのタイミングで、方法としては口頭になります。

年収の話は早めが良いですが、早すぎてもお金のことばかり考えている印象になります。また転職希望者のスキル等はっきりしないうちは年収交渉をしても判断に困るので、転職希望者はきちんと自分のスキル等を伝えたうえで年収交渉を行う必要があります。